ダイエット

【初心者必見】腹筋割たければBIG3を強化しよう!

こんにちは!

カラダの治療家 みかみ ひさしです!

今回は筋トレ初心者の方に向けての内容となっております。

ところで、皆さんは「BIG3」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

筋トレをしている人であれば知っていて当然というほど有名ですよね。

しかし、筋トレを始めたばかりの方は一体なんのことなのサッパリ分からないという方もいるのではないかと思います。

では、BIG3について解説していきます!

BIG3とは

BIG3とはフリーウエイトのトレーニング種目「ベンチプレス」「スクワット」「デットリフト」のことを指します。

これらの3種目はトレーニングが「BIG3」と呼ばれており、たった3つの種目でほぼ全身の主要な筋肉に刺激を与えることができる、とても効率の良いトレーニングです。

ベンチプレス

【鍛えられる部位】

・大胸筋(胸)

・三角筋(肩)

上腕三頭筋(腕の裏)

ベンチプレスは特に男性に人気のある種目です。

やはり大胸筋は見た目のインパクトもあり、筋肉がついてくると印象が変わりやすいですし自信もつきます。

私も筋トレを始めたばかりはこのベンチプレスから始めました!

スクワット

【鍛えられる部位】

大臀筋(お尻)

大腿四頭筋(太もも前)

ハムストリングス(太もも裏)

脊柱起立筋(背中)

スクワットは筋トレの王様と言われるほど、トレーニングの中でもっともキツく最も効果が出やすい種目になっています。

主に下半身を中心的に鍛える種目ですが、何よりパワーを必要とする種目ですので腹筋も同時に鍛えることができます。

デットリフト

【鍛えられる部位】

僧帽筋(背中)

広背筋(背中)

大臀筋(お尻)

ハムストリングス(太もも裏)

デットリフトは主に背中を鍛えるトレーニングです。

デットリフトも高重量が扱える種目ですが、しっかりとしたフォームでやらなければ腰を痛めやすいので注意が必要です。

腹筋を割たければとりあえずBIG3

筋トレを始めたての頃は、「何のトレーニングをすればいいのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。

そこで私もいつもオススメしているトレーニングがこれまでに紹介したBIG3です。

腹筋を割たければ、腹筋を何十回、何百回もするのではなくBIG3を継続的にやった方がはるかに効率がよく成果も出やすいです。

そもそも腹筋を見せる為には、体脂肪が最も関係しているのでその体脂肪を減らす為には全身の筋肉量をつけて基礎代謝を上げる必要があります。

しかしここで「腹筋をわりたいから腹筋だけしとけばいい」という訳ではありません。

なぜなら、腹筋は全身の筋肉量で見ると全体のわずが5%未満だからです。

ちなみに下半身の筋肉は全体の約70%程を占めています。

つまり、基礎代謝を上げる為には腹筋をするよりスクワットなど大きい筋肉を鍛えていった方が効率が良く結果が出やすいということです!

「何のトレーニングから始めればいいのか分からない」という方は是非BIG3から始めることをオススメします!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です