健康,  栄養、食事

アルコールは筋肉に良くない?筋肉に与える悪影響

こんにちは!

カラダの治療家 みかみ ひさしです!

「アルコールって筋肉に良くないの?」

今回はこんなお悩みを持った方に向けての内容となっております。

筋トレをしている方やダイエットをしている方であれば一度はこのような疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。

アルコールと筋肉のことについては、ネットで検索するとメリット・デメリットと色々な情報が出てきますが、私の結論をお伝えすると筋トレ中、あるいはダイエット中はアルコールの摂取をオススメしません。

では、なぜオススメできないのか。

アルコールが筋肉に与える悪影響をお話ししていきます。

アルコールが筋肉に与える悪影響①:テストステロンの減少

アルコールをオススメしない理由一つ目は、テストステロンが減少するからです。

ここでは、テストステロンについて長くは説明しませんが、テストステロンは筋肉の発達には欠かせない成長ホルモンです。

そして、体内にアルコールを入れることでテストステロン値が下がるとされています。

「アルコール体質だから大丈夫」

と思われるかもしれませんが、これはお酒に強い弱い関係なく減少します。

ですので、これだけでアルコールと筋肉の相性は悪いことがわかります。

アルコールが筋肉に与える悪影響②:筋肉が分解される

オススメしない理由二つ目が筋肉が分解されることです。

これは、アルコールを摂取することで体内で分泌される「コルチゾール」というストレスホルモンが関わっています。

コルチゾールは、代謝の促進や免疫抑制などに必要なホルモンで、筋トレをしている方にも関わりが多いホルモンです。

しかし、コルチゾールが分泌されると筋肉を燃料に体を動かそうとします。(糖新生)

よくダイエットしている時に食事制限をしているにも関わらず体重が落ちないのもこのコルチゾールが関係しています。

このことから、アルコール摂取でコルチゾールが分泌し筋肉が萎縮され悪影響を及ぼすということです。

アルコールが筋肉に与える悪影響③:筋肉が硬くなる

体内にアルコールを摂取すると、体はそのアルコールを分解しようと多くの血液を回し始めます。

すると、本来筋肉の修復にまわるはずの血液がアルコール分解のために使われるので、血液が不足します。

そこに疲労がどんどん蓄積され筋肉に栄養が届かないまま筋肉が硬くなってしまうのです。

これはアルコール強い・弱いが関係していますが、弱い方は特に注意が必要です。

今回はアルコールが筋肉に及ぼす影響について、オススメしない理由をお話ししました。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です